Today is: Wednesday, 15th August 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

管理者が頑張るポイントに

SFAの中にある日報機能。営業マンをまとめる管理者から見れば、簡単にその日の業務の流れ、商談の成功、失敗がわかるため、非常に便利な機能と言えます。

しかし営業マンの方から見れば全く違った印象なんですよね。いつも自分の営業を見られているような気になる。商談をうまくまとめられれば良いけど、失敗したときにはどんな風に書くかとても迷う・・。人間ですからすべてを正直になんて書けませんし、多少の脚色はしてしまうでしょう。

でもそれでは困るんですよね^^すべてをありのままに書かなければ意味が無い。なので、管理者としては「例え商談が失敗に終わったとしても、ありのままの状況を報告しましょう」と言い続けるしかありません。

そして、商談の失敗をありのままに報告に挙げられていた場合には、最初に叱るのではなく、まずは正直な報告で良かったよ、残念だったね、と言うようにねぎらいの言葉かけを忘れないようにしなければいけません。管理者も大変ですが^^

SFAを使いこなしてもらうためには管理者が頑張るポイントになりそうです。

顧客管理ソリューション

Leave a Reply