Today is: Wednesday, 27th June 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

自社の現在の姿と理想の姿を

CRMを導入しただけでは売り上げがすぐに上がるわけではない。これは誰もが知っていること。なので、自社に最適なCRMを選び、運用を続けることが重要となるのですが、もっと大事なことがあるんだそうです。

それは、自社の現在の姿、そしてなりたい理想の姿を具体的に把握しておくこと。つまり、課題は何か、具体的にどういった営業をしたいのか、これを幹部、マネージャー、営業マンがわかるよう、プロジェクトをしっかりと進めなければいけないんですね。

CRMの導入においては、業務の効率化、それまで使っているシステムとの連携などが可能になります。が、やはりそこには現場の改革が行われるわけです。働き方そのものも変えてしまう可能性があるため、何かをする時にその場しのぎの業務をやっていては、CRMの効果なんて出てくるはずがありません。

導入前に自社では何が不足していて改善するべきなのか、そして導入後いつまでにどれくらいの数字を上げたいのか、担当者は適材適所に配置できるのか。こういったことを、具体的に示すことが重要です。

Leave a Reply