Today is: Friday, 7th December 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

とくに複数の部署で取引している会社では

CRMって、社内1つだけの部署でしか取引していない場合には、世の中で言われているほどの有効性は実際には無いと言われています。

営業部、マーケティング部、コールセンターなど、顧客の情報と常に向き合い、顧客目線の営業を目指す部署の横の繋がりを埋めることができるのが、CRMなんですね。ある顧客に営業部とマーケティングが一体となり、それぞれの強みを生かして顧客に挑んでいく・・、そんな営業が実現できるんです。

顧客情報や営業情報は可視化されるため、またクラウド管理されるため、社内以外でも取り出して見ることができます。ただし、営業部とマーケティング部の意思の疎通がうまく取れていない会社では、こういったツールの導入は歓迎されるどころか、敬遠されてしまう可能性もあるんです。

そんな時には、SFAの有効性、透明性によってどんなところがメリットになるのかを、きちんと説明しておく必要がありますね。横の繋がりを感じて営業すれば、それまでには無かった何かを掴むこともできそうです。

Leave a Reply