Today is: Friday, 24th November 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

できる女性も名刺管理アプリを活用

ビジネスウーマンも愛用している名刺の管理サービスとしてCamCard Businessというものが紹介されていました。

できる女性はスマホのアプリを駆使することで、効率的にビジネスを進めているんですね~。このCamCard Businessは、「スマホカメラをかざすと名刺をスキャンして情報を取り込んでくれる名刺管理アプリ」とのこと。

以前は名刺の管理は自分の机の中、あるいは名刺フォルダに入れて持ち歩く、ということが当たり前でした。でもデジタル化社会においてそんなアナログなことをしているできる女性は居ないんですね^^

アプリを開ければすぐに名刺交換した担当者の情報がすぐに取り出せます。ほんのちょっとしたことを紙の名刺から探し出す面倒さも無くなり、時間にも余裕を持って仕事に打ち込めそうです。

ポイントカードはありません

皆さんはもう行かれました?GINZA SIX。ブランドものに興味が無い人には、このビルにも何の魅力も感じ無いとは思うのですが^^

こちらの施設ではポイントカードは発行されないんだそうですね。普通、デパート、マーケット、ドラッグストアでもポイントカードの発行をすぐに促されるものですが、このGINZA SIXではそれをしないで、GINZA SIXアプリを利用していくんだそうです。

ポイントカードって、数万円分購入したらいくらかのキャッシュバックが商品購入で利用できたり、購入代金に応じたランク付けによって、数パーセントの割引きが受けられたりと、顧客にとってもお得なものですし、企業側からするとCRM施策のためにも有効です。

ただ、GINZA SIXでは、このような一般化しているポイントカードも実はデータが分散していたり顧客構造が不明確であったりするので、CRMとしての用途は容易ではない、という見解があったとのこと。そこで、新たな顧客構造の設計というところで、アプリの発行を始めたそうです。

MAPlus 名刺管理の提供をスタート

Phone AppliとtoBeマーケティングという会社で新しいソリューションの提供がスタートしたそうです。その名前はMAPlus 名刺管理というもの。

毎日の営業や、展示会、セミナーなどのイベントで集めた名刺をスマホのカメラやスキャナで撮影して登録。すると、セールスフォースのツールと連携ができ、それによって「ポテンシャルの高い顧客や企業を特定し、生産性の高いマーケティング活動や営業活動の実現を支援」してもらえるそうです。なんだかすごい謳い文句ですよね^^

営業マンの方たちは、たくさんの名刺をもらったとしてもどの企業に営業の見込みがあるのか、探し当てる時間が必要ですよね。その時間をより長くできるよう、この名刺の管理ツールが役立つんだそうです。

knowledgesuite.jp

アウディの新規投入車種は型破り

面白いネット記事を見つけました。アウディの新規投入車種が紹介されていて、その名前はQ2とのこと。そしてこの車種のターゲットはクリエイティブな仕事をしている人達。これだけを聞いても、何かオシャレでワンランク上の車種が投入されるんだな~ということがわかりますよね。

この記事でインタビューに答えていたのは、アウデジャパンマーケティング本部デジタル&CRMマネージャーの役職にある方でした。アウディにこのような役職があるということは、他の自動車メーカーでもマーケティング、そしてCRMと言った営業専門職があるのでしょうね。

顧客の創出、そしてもっとも新規投入車種に適した人物像を割り出すことがことが重要だと思いますし、またコピー、販売方法、アピールの仕方にしても様々な方法が取られているようでした。中には「博多発祥のラーメン専門店、一風堂とのタイアップ」などもあるそうで^^なかなか斬新な企画が展開されているようです^^

選ぶ際のポイント

SFAを使ってみたいな~、と考えている経営陣の方々はどのような方法でどのSFAを選ぶのでしょうか。一般的な選び方をここでは紹介しておきたいと思います。

まず、パソコンやスマートデバイスの操作が苦手な人でも使える仕様であること。これを第一のポイントに上げる専門家が多いですね。と言うのも、実際にSFAに情報を入力するのは現場に出ている営業担当者。中にはITが苦手な人もいるでしょう。そのような人たちが苦なく使えること、これが必須条件となります。

次に項目が10以下であること。これは営業日報の入力における工程のことです。工程が少ないほど営業担当者は効率化できるので、項目は10以下がベストです。

次にカスタマイズがし易い事。作業画面を自分で自由にカスタマイズすることで、使い易さも倍増しますし、入力しようとする意志も強くなります。

そして最後に提供している会社の実績、ノウハウに裏付けされているSFAであること。ここもとても重要だそうです。

見込み客が机の中に・・

「早く利用していれば良かった!」という声が多いのが名刺の管理ツールです。

名刺って、交換した後はファイルに挟んだり、名刺入れにポンと入れ、机の中にしまいこむものですよね^^でも、もしかしたらその中に実は優良顧客となり得るような顧客情報が紛れ込んでいるかも。。

名刺交換はできても、その後のアプローチの仕方が分からなかったり、訪問しようとしていた会社も担当者の名刺がどこにあるのかわからず、ずっと訪問できないままでいる。そんな営業マンも多いのではないでしょうか。

今机の中に溜まっている名刺を全て管理ツールに落とし込んでみてください。きっと、これまで何となくで予定してきた会社訪問の方法が、スケジュール管理バッチリの方法に変えられるはずです!

懸命に働いているのに・・

営業マンもそれを管理する従業員も、そして経営者も、みな懸命に働いているのに売り上げの増加になかなかつながらない・・とお悩みではありませんか?

会社それぞれ理由はあり、それは一つだけでは無いと思われますが、そもそも売り上げの増加が見込めるシステム、仕組みがきちんと構築できていないのでは?といった課題を持つ会社が多いようなんです。そのため、SFAといった営業支援システムを導入する会社が増えてきているんですね。

会社の経営者と言っても誰もが売り上げ増加にすぐに繋がるような仕組みづくりができるわけではありませんよね。近頃人気となっているSFAでは、導入前から従業員とともにスタッフがマネージメントをサポートしてくれるところがあります。SFAというシステムの名前さえも聞いたことがない営業マンもたくさんいるでしょう。彼らに一から営業支援システムの優れているところを説明し、導入から運用までをサポートしてくれるんです。

SFAの導入によって長年の悩みが解決できれば・・言う事無しですよね^^

https://knowledgesuite.jp

iPhoneのバッテリーを持たせる裏技

仕事にiPhoneを使っているというビジネスマンは少なくないでしょう。しかし いかに便利なiPhoneでもバッテリーがなくなってしまえば、ただの重しにしかなりませんよね。いざという時にバッテリーが0なんてことにならないために、今回はバッテリーを持たせるための裏技を紹介しようと思います。まず始めにiPhoneには「低電力モード」という設定があることはご存知でしょうか。これはアプリのバックグラウンド更新・自動ダウンロード・メール取得・ビジュアルエフェクト機能をoffにするモードのこと。これら機能を一時的に使わない時には低電力モードにして、バッテリー節約をしましょう。またバッテリー消費量を少なくするには、ディスプレイの明るさも重要となってきます。ディスプレイが明るいというだけでもバッテリー消費量も多くなってしまうのです。ディスプレイを明るくする必要のない時は最小まで下げておいて良いと思います。原因は分からないけど、なぜかバッテリー消費が早いという時は、再起動してみるのも一つの手ですよ。バッテリー消費を抑えながら、快適にiPhoneを活用したいものですね。

コネクションを共有して営業力の強化につなげよう

顧客の新規開拓をしていくにあたって“コネクション”がキーポイントの一つになるというのはご存知の通りでしょう。アタックしたい担当部署や担当者に直接連絡がとれるなら、営業スタッフにとっても大きな足がかりになりますからね。そこで大切なのが「コネクションを共有すること」です。部長やマネージャーの立場なれば、誰がどういった顧客を抱えているか、接点が見えているところもありますが、現場のスタッフ同士は横のつながりはなかなか作れないもの。「アタックしたことがある相手なのか」「キーパーソンを直接知っている人はいないか」「紹介してくれる人につながりがないか」等…現場スタッフにとってはそれらは貴重な情報です。横のつながりを情報共有できれば、過去の情報や役員たちの人脈が役に立つケースもあり、営業力の強化につながるはずですよね。情報共有する方法は、難しく考えなくても、手元にある名刺を出してもらったり、エクセルなどでリスト化して提出してもらうだけで良いのです。またセキュリティが確保されたクラウド型のCRMやSFAでリスト化すれば、検索も自在ですし、営業スタッフが外出先からリストをチェックすることにも役立ちます。コネクションを見える化し、営業に役立てましょう。

目的をはっきりさせるには、課題を洗い出しが重要

CRMの導入を決めたとしても、一体自分たちのグループや部署内でどのようなことが課題になっているのか。捗らない作業はどの部分なのか。滞っている場面はどこなのか。営業マンが嫌がっている^^プロセスはどこなのか。企業ごとにそれは違っているものですよね。なので、まずはこの課題の洗い出しを皆で行うことが導入よりも大事なんです。

そして課題がはっきりと出せたら、目標を立てましょう。やみくもに、ただCRMを導入してい使ったら売り上げが伸びる、と誤解している管理者も多くいるようですが、当たり前ですがそんなことはありません。いかに目的をはっきりともってそれを目指してCRMを使いこなしてくのか、これが大切なんですね。

目標と言っても数字の目標だけではありません。CRMの活用自体にも目を向け、専門知識を自ら学んだり、関連するシステムの勉強なども行うことも必要です。あるいは専門知識を持つ人材を確保することも、よりスムーズにCRMを使いこなせる近道になるかもしれませんね。