Today is: Wednesday, 14th June 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

これからのマネージャーがもっておくと良い資格

平社員の営業マンからマネージャークラスへ昇格する際、もっておくべき資格、というものが紹介されていました。すべての営業マンがこのような資格を取得しているのかはわかりませんが、より上へと上がっていきたい人は是非目指しておくと良いそうですよ^^

まずMBA。テレビのコメンテーターがよくこの資格を持っている、と紹介文に書かれていますよね。「企業経営に関する高度な総合的知識をもつ人に与えられる学位」とのこと。社会人になっても仕事の後、休日などを使って通える場所もあるんだそうです。

次に中小企業診断士。いわゆる経営コンサルタントの資格ですね。これも持っておくとかなりの強みとなりそうです。そして、TOEIC。海外拠点がある企業では、800点以上の点数をもっておくと評価も高くなるそうです。

ほかにIT技術に関して応用技術者、SFAといった営業支援ツールの知識の所有なども有効とのこと。とくにこれからは営業支援ツールを扱える人材は求められると思うので、SFAの専門知識を有することもおすすめされていましたよ。

想像以上に簡単?電子証明書を用いた無線LAN認証

パソコンやスマホ、タブレット端末など…今やそれらを使って仕事するのが当たり前の時代になりました。そこで今回は安全な企業ネットワークの構築に有用な「電子証明書を用いた無線LAN認証」について紹介しようと思います。電子証明書という言葉を聞くと「ID・パスワード認証と比べると、なんだか難しそうだし、運用が大変になりそう」といったイメージが湧いてくる方も多いのでは?しかしそれは大きな間違い。近年の電子証明書を用いた無線LAN認証環境の導入や運用は、既存環境に専用アプライアンス機を追加で導入するだけなんですよ。ユーザーへ安全に証明書配布をするにも従来まではいくつか課題をクリアしなければいけませんが、今はソリトンシステムズが提供する電子証明書配布ソリューション『Soliton KeyManager』などを使ってユーザー自身が電子証明書のインストールを簡単&安全に行うことができるという。また自動通知で電子証明書の有効期限切れが近づいていることをユーザーへ知らせることもでき、ユーザーは自身で電子証明書を再取得することができます。このように電子証明書の環境構築と運用は、多くの管理者やユーザーにとって簡単なものとなっています。電子証明書を利用して、利便性と安全性を両立した無線LAN認証環境を構築したいものですね。

増加するテレワーク人口

近年、テレワークを導入する企業が増えているそうです。ちなみにテレワークとは、「tele = 離れた場所」と「work = 仕事」をあわせた造語で、情報通信技術(ICT)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと。在宅勤務、モバイルワーク、施設利用型テレワークの3つに分けられるそう。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末が普及したおかげでテレワークも広まってきたという。妊娠や介護、ケガなどにより出勤するのが困難な方に向いている働き方ですよね。IDC Japanの調査によると、2015年、就業時間の20%以上の業務を自宅などのオフィス外で行っている「テレワーカー」の人口が1080万人だったことが分かったそう。これは前年比0.5%増に相当。またテレワークに関連するソフトウェア市場規模も、2015年は1717億3500万円で前年比4.4%増とIDCは推定しています。この結果を見ると、今後ますますテレワーク普及を助長するサービスやセキュリティソリューションが重要視されていきそうですね。

比較ができます

Moffice Softという会社のホームページを見ていたら、面白いページを発見しました。それは、CRMを他社と比較している表が載せられていました。

どのような項目があるかと言うと、初期費用、ユーザー単価、初月利用料、そして主要機能などがあるんですが、それらをよく見ると・・価格に関してはこちらの会社がダントツで安く、あとの機能はそうですね・・似たり寄ったりというところでしょうか。つまり、格安であることをアピールするページだったんですね^^他の会社についてはアルファベットで会社の頭文字?が記されているみたいです。CRMだけではなくて、Groupwareについても比較がされています。

自社をアピールするのは当たり前のことですが、このように項目ごとに並べてみると、本当にわかりやすいものです。ただ、他の会社名がわからないので^^この辺が微妙なとことですかね~。見る人が見れば、頭文字からその会社を予想できるのかも、それませんが。

比較ができます

Moffice Softという会社のホームページを見ていたら、面白いページを発見しました。それは、CRMを他社と比較している表が載せられていました。

どのような項目があるかと言うと、初期費用、ユーザー単価、初月利用料、そして主要機能などがあるんですが、それらをよく見ると・・価格に関してはこちらの会社がダントツで安く、あとの機能はそうですね・・似たり寄ったりというところでしょうか。つまり、格安であることをアピールするページだったんですね^^他の会社についてはアルファベットで会社の頭文字?が記されているみたいです。CRMだけではなくて、Groupwareについても比較がされています。

自社をアピールするのは当たり前のことですが、このように項目ごとに並べてみると、本当にわかりやすいものです。ただ、他の会社名がわからないので^^この辺が微妙なとことですかね~。見る人が見れば、頭文字からその会社を予想できるのかも、それませんが。

差別化が営業力アップに貢献

大企業から最近では中小企業まで、SFAの活用は一般的になりつつあるようです。

世の中に出回っている商品やサービスの差別化ができなくなっている状況なり、どこの会社が作るものも同じくらいのレベルで価格も似たようなものになってしまいました。新しいものが出てきても、すぐにそれと同じような製品が作られ、それがまた一般化して。このように、ただ作って売ればなんとか会社が回っていく、という時代ではなくなってしまったんですね。

ただ、この流れと同時にスマホやタブレット端末といったスマートデバイスも一般化してきました。この動きはよりSFAの広まりをサポートすることになったんです。例えばSFAの代表的な機能、営業日報ですが、この日報はスマホなどがあることで外出先からでも入力が可能となりました。リアルタイムで上司と商談についてのやり取りができるため、他の会社よりも見積もりや参考資料作成も現場でいち早く行うことができるようになったんです。

この差別化によって、取引先企業をガッチリとつなぎとめることが可能になっているんですね。

営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

クレーム履歴が一目瞭然

CRMを導入することで顧客管理の効率化がのぞめるようになりますが、そのほかにも様々なメリットがあるんですよね。

例えば、ある顧客からクレームがあったとします。電話でのクレームで、その内容もかなり細かいこと。他の顧客からはそのようなことは聞こえてきませんでした。このようなクレームをしてくる顧客は、次、何かまた商品を購入すると同じようなクレームを言ってくる恐れもあるため、細心の注意を払う必要が出てきます。

しかしそんな過去のクレームについての情報は、前の担当者のみ把握していることだったので、担当者が別のスタッフに交代していたら。

こんな時、CRMがあれば、前の担当者はこのようなクレームを言ってきた顧客に関して、顧客を識別する機能があるため、何らかの方法で一目で見てわかるように作られているんです。口頭や紙のデータでは、自ら探さないといけない情報が、CRMだと画面の方から教えてくれるので、非常に助かると思われます。

コールセンターが会社の門に

コールセンターが会社の門?その意味、わかりますか?例えば、新しく家電製品を購入したとします。ところが、使い方がわからなくなったり、もしかして不具合?と思った時に問い合わせをするのがコールセンターですよね。そうです、私たちが購入した製品の会社に最初にコンタクトを取る際、一番最初に接する企業対応の場所このコールセンターなんです。なので、コールセンターが会社の門、ということになるんです。

もし、この門が狭く感じの悪いところだったらどうでしょう。実際に私も経験があるんですよね。かえってくる答えはおかしくないんですが、一度にダ~~っと専門用語をしゃべられたり、わかりにくい説明をされ、聞き直しをすると「だから最初からそう言ってるでしょ?」みたいな態度を取られたり。。すると、その会社の製品やサービスを二度と使うか!って思いますよね^^

SNSにこのようなことをアップされるケースも多く、企業にとっては死活問題にまで発展していることも。このようなことを防ぐべく、最近ではCRMなどの営業支援ツールの導入が進んでいるそうです。

参考URL knowledgesuite.jp

BYODのメリットとセキュリティ

近年、多くの企業でモバイルデバイスが使用されるようになり、 「BYOD(私物端末の持込利用)」という用語も急速に広まりました。会社支給のデバイスを使うよりも、従業員自身が選択した使いやすいデバイスを使った方がメリットがあるのです。もちろんメリットを感じているのは従業員だけではありません。業務効率の向上が見込めるアプリケーションや生産性向上ツールなどを使用してカスタマイズできるのは、 従業員と企業両者にメリットがありますね。実際、IntelとReadWrite による調査によると、米国のIT管理者の 49 % が「BYOD によって従業員の生産性が向上することに強く同意する」と述べています。これは企業側もBYODを戦略的な付加価値と考えるようになったと言えるでしょう。しかし私物デバイスから企業ネットワークへのアクセスを許可するのはセキュリティ面で心配ですよね。それにはBYODのデバイスをエンタープライズモビリティ管理(EMM)に加入させることが重要です。これは情報漏えいを防ぐために最も有効な手段だと言えるでしょう。セキュリティをしっかり確保したBYODは、まさに生産性を向上させるには打ってつけの戦略だと思います。

営業支援ツールなのに・・

営業活動を効率的に上に報告できたり、商談内容の透明化などSFAには多くのメリットがあると言われています。このような営業支援ツールを導入する動きは加速化していると思われます。

ところが、営業を支援するはずのツールが、営業マンの支援になっていないということが往々にしてあるようなんです。一度聞いてもよくわからないのですが、営業を支援できても営業マンの支援にはなっていないと。。

これは、営業活動をする時間を日報の入力に取られてしまう、入力したことで上から色々な指示や改善が出されて自分の思うような営業ができない、といったことが起きてしまっているんだそうです。

いままで個人プレイで良かった営業が、常に上司やほかの営業マンに見られていることで、余計な時間や気を使わないといけなくなっているんですね。そう言われると、確かに営業支援ツールは営業マンにとってははた迷惑なツールになってしまっているかも^^透明化、というのも善し悪しなのかもしれませんね。