Today is: Tuesday, 15th August 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

比較ができます

Moffice Softという会社のホームページを見ていたら、面白いページを発見しました。それは、CRMを他社と比較している表が載せられていました。

どのような項目があるかと言うと、初期費用、ユーザー単価、初月利用料、そして主要機能などがあるんですが、それらをよく見ると・・価格に関してはこちらの会社がダントツで安く、あとの機能はそうですね・・似たり寄ったりというところでしょうか。つまり、格安であることをアピールするページだったんですね^^他の会社についてはアルファベットで会社の頭文字?が記されているみたいです。CRMだけではなくて、Groupwareについても比較がされています。

自社をアピールするのは当たり前のことですが、このように項目ごとに並べてみると、本当にわかりやすいものです。ただ、他の会社名がわからないので^^この辺が微妙なとことですかね~。見る人が見れば、頭文字からその会社を予想できるのかも、それませんが。

比較ができます

Moffice Softという会社のホームページを見ていたら、面白いページを発見しました。それは、CRMを他社と比較している表が載せられていました。

どのような項目があるかと言うと、初期費用、ユーザー単価、初月利用料、そして主要機能などがあるんですが、それらをよく見ると・・価格に関してはこちらの会社がダントツで安く、あとの機能はそうですね・・似たり寄ったりというところでしょうか。つまり、格安であることをアピールするページだったんですね^^他の会社についてはアルファベットで会社の頭文字?が記されているみたいです。CRMだけではなくて、Groupwareについても比較がされています。

自社をアピールするのは当たり前のことですが、このように項目ごとに並べてみると、本当にわかりやすいものです。ただ、他の会社名がわからないので^^この辺が微妙なとことですかね~。見る人が見れば、頭文字からその会社を予想できるのかも、それませんが。

差別化が営業力アップに貢献

大企業から最近では中小企業まで、SFAの活用は一般的になりつつあるようです。

世の中に出回っている商品やサービスの差別化ができなくなっている状況なり、どこの会社が作るものも同じくらいのレベルで価格も似たようなものになってしまいました。新しいものが出てきても、すぐにそれと同じような製品が作られ、それがまた一般化して。このように、ただ作って売ればなんとか会社が回っていく、という時代ではなくなってしまったんですね。

ただ、この流れと同時にスマホやタブレット端末といったスマートデバイスも一般化してきました。この動きはよりSFAの広まりをサポートすることになったんです。例えばSFAの代表的な機能、営業日報ですが、この日報はスマホなどがあることで外出先からでも入力が可能となりました。リアルタイムで上司と商談についてのやり取りができるため、他の会社よりも見積もりや参考資料作成も現場でいち早く行うことができるようになったんです。

この差別化によって、取引先企業をガッチリとつなぎとめることが可能になっているんですね。

営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

クレーム履歴が一目瞭然

CRMを導入することで顧客管理の効率化がのぞめるようになりますが、そのほかにも様々なメリットがあるんですよね。

例えば、ある顧客からクレームがあったとします。電話でのクレームで、その内容もかなり細かいこと。他の顧客からはそのようなことは聞こえてきませんでした。このようなクレームをしてくる顧客は、次、何かまた商品を購入すると同じようなクレームを言ってくる恐れもあるため、細心の注意を払う必要が出てきます。

しかしそんな過去のクレームについての情報は、前の担当者のみ把握していることだったので、担当者が別のスタッフに交代していたら。

こんな時、CRMがあれば、前の担当者はこのようなクレームを言ってきた顧客に関して、顧客を識別する機能があるため、何らかの方法で一目で見てわかるように作られているんです。口頭や紙のデータでは、自ら探さないといけない情報が、CRMだと画面の方から教えてくれるので、非常に助かると思われます。

コールセンターが会社の門に

コールセンターが会社の門?その意味、わかりますか?例えば、新しく家電製品を購入したとします。ところが、使い方がわからなくなったり、もしかして不具合?と思った時に問い合わせをするのがコールセンターですよね。そうです、私たちが購入した製品の会社に最初にコンタクトを取る際、一番最初に接する企業対応の場所このコールセンターなんです。なので、コールセンターが会社の門、ということになるんです。

もし、この門が狭く感じの悪いところだったらどうでしょう。実際に私も経験があるんですよね。かえってくる答えはおかしくないんですが、一度にダ~~っと専門用語をしゃべられたり、わかりにくい説明をされ、聞き直しをすると「だから最初からそう言ってるでしょ?」みたいな態度を取られたり。。すると、その会社の製品やサービスを二度と使うか!って思いますよね^^

SNSにこのようなことをアップされるケースも多く、企業にとっては死活問題にまで発展していることも。このようなことを防ぐべく、最近ではCRMなどの営業支援ツールの導入が進んでいるそうです。

参考URL knowledgesuite.jp

BYODのメリットとセキュリティ

近年、多くの企業でモバイルデバイスが使用されるようになり、 「BYOD(私物端末の持込利用)」という用語も急速に広まりました。会社支給のデバイスを使うよりも、従業員自身が選択した使いやすいデバイスを使った方がメリットがあるのです。もちろんメリットを感じているのは従業員だけではありません。業務効率の向上が見込めるアプリケーションや生産性向上ツールなどを使用してカスタマイズできるのは、 従業員と企業両者にメリットがありますね。実際、IntelとReadWrite による調査によると、米国のIT管理者の 49 % が「BYOD によって従業員の生産性が向上することに強く同意する」と述べています。これは企業側もBYODを戦略的な付加価値と考えるようになったと言えるでしょう。しかし私物デバイスから企業ネットワークへのアクセスを許可するのはセキュリティ面で心配ですよね。それにはBYODのデバイスをエンタープライズモビリティ管理(EMM)に加入させることが重要です。これは情報漏えいを防ぐために最も有効な手段だと言えるでしょう。セキュリティをしっかり確保したBYODは、まさに生産性を向上させるには打ってつけの戦略だと思います。

営業支援ツールなのに・・

営業活動を効率的に上に報告できたり、商談内容の透明化などSFAには多くのメリットがあると言われています。このような営業支援ツールを導入する動きは加速化していると思われます。

ところが、営業を支援するはずのツールが、営業マンの支援になっていないということが往々にしてあるようなんです。一度聞いてもよくわからないのですが、営業を支援できても営業マンの支援にはなっていないと。。

これは、営業活動をする時間を日報の入力に取られてしまう、入力したことで上から色々な指示や改善が出されて自分の思うような営業ができない、といったことが起きてしまっているんだそうです。

いままで個人プレイで良かった営業が、常に上司やほかの営業マンに見られていることで、余計な時間や気を使わないといけなくなっているんですね。そう言われると、確かに営業支援ツールは営業マンにとってははた迷惑なツールになってしまっているかも^^透明化、というのも善し悪しなのかもしれませんね。

他の案件とのリンクできる

CRMには会社での多くの営業案件について情報を蓄積、処理、分析できる能力がありますが、他の案件とリンクできるサービスもあるんです。

これは、サービスをしている会社によって幅があるようですが、1企業だけの案件よりも、似たような業種や規模の企業を、案件ごと、顧客ごとにリンクさせることで、より幅広の分析結果が得られた理、顧客満足度を上げる営業を行うことも可能となるんです。

また、1つずつ案件を処理するよりもいくつかの案件をリンクさせて処理する方が効率を上げることにもつながります。

CRMなど営業支援システムは使い方次第、運用にこぎつけるまでが勝負とも言われていますよね。膨大な顧客データを収集し、それを入力。ここで多くの営業マンは疲れてしまうのですが^^

あきらめずに目標をもって入力し、システムから得られる有益な分析結果を基に営業に活用していく。リンクした分析結果も得られるようになるんですね。ここまでの過程をいかに効率よくもっていけるのか。本当にシステムは運用できるまでが勝負なのかもしれません。

mdm システム

『HotProfile』新版がリリース

ハンモックが提供するクラウドベースの名刺管理/SFA(営業支援システム)『HotProfile』は、名刺管理・マーケティング・営業支援の3領域で分断された業務プロセスを結び付けることで、マーケティングと営業の自動化を図れるというツールです。そんなHotProfileが先日、新版(Ver.4.1)をリリースしました。この新版では、営業担当者が顧客・取引先訪問前後での位置情報記録や管理者が営業報告時の場所を把握できるGPS報告機能のほか、目標管理や商談関連情報の定期自動出力ツールの提供など15項目の機能を強化/改善したという。営業支援機能の使い勝手の向上を図っています。例えばGPS報告機能はスマホのGPS機能を活用し、オフィス外からの現在地&日時を報告できます。管理者は報告書だけでなく、報告場所や日時も併せて把握できますね。価格は、スタンダードプランで20人利用なら1人当たり月額3100円から。コストを抑えながら導入できますね。

定着するSFAとは?

営業支援システム(SFA)を導入しても現場に定着しなければ形骸化してしまいます。営業現場にきちんと定着するSFAこそが真にメリットのあるシステムだといえるはず。なのにどうして使われない状態に陥ってしまうのでしょうか。それは営業スタッフが「使い勝手が悪い」とか「具体的な効果が見えない」と感じているからではないでしょうか。入力が面倒&ムダに作業が増えただけであったのなら、営業スタッフの貴重な時間を削ってしまっているだけですよね。だったら「入力する時間があったら、1件でも多くの営業先を訪問したい」と思われても仕方がありません。またせっかく時間を割いて様々な情報を入力しても、それが何の役にも立っていなかったらモチベーションはどんどん下がってしまうでしょう。外回りの多い社員のためにも、スマートデバイスによる入力も可能でなければなりませんし、リアルタイムに共有できるものでなければ役に立たないと判断されても仕方がありません。きちんと定着するSFAとは、「使いやすい画面」「簡単な入力操作」「入力した情報を活用できる」「スマートデバイス対応」である事が最低限必要なのだと思います。